ファッションレンタルとしての靴とは

靴をファッションレンタルで借りるメリットとデメリット

>

靴レンタルのデメリットとは

レンタルは複数の人が使用している品物

また、このサイトでは子供用のフォーマルシューズも扱っています。
子供こそ普段スニーカーばかりでフォーマルの靴を履く機会はめったにないのですが、披露宴などの場ではきちんとした靴が必要になってきます。
しかし成長期の子供は1年も経たないうちに靴のサイズが変わることもありますし、子供のフォーマルシューズこそ、レンタルが良いのではないでしょうか。

このようにレンタルはとても便利ですが、その反面もちろんデメリットもあると思います。
まず、不特定多数の人が着用していること。
新品を購入すれば自分しか履かないですが、レンタルということは自分以前に誰かが着用していた可能性があるということです。
もちろんお店に返却された時点で綺麗にクリーニングはされていでしょうが、気になる人もいるのではないでしょうか。

使用回数によっては購入の方が安くなる

また、金額的な問題として先ほど購入の10分の1程度の金額だとありましたが、逆を言えば10回使用すればレンタルより安くなるということです。
購入金額が下がれば10回でなく5回や6回ということもあるでしょう。
当初は1回だけのつもりが思いのほか披露宴が重なったりして結果的に買った金額と変わらなくなってしまったという人もいるでしょう。

しかし、その度に違うデザインの靴を選んで履くことができるのは、レンタルならではのメリットといえます。
どうしても靴を手元に置きたいという場合でなければ、レンタルの方が便利のように思えます。

このようにレンタルにはメリットもデメリットもありますのが、上手にレンタルを利用できればさらにファッションを楽しむことができるのではないでしょうか。


このTOPICSをシェアする