ファッションレンタルとしての靴とは

靴をファッションレンタルで借りるメリットとデメリット

>

ファッションレンタル事情

フォーマルな場面とは

成人式や大学の卒業式のように一生に一度のレンタルではなく、もう少し身近でファッションレンタルを利用するのはどんな場面でしょうか。

例えば友人、親戚の結婚式などがあります。
披露宴が簡素化している傾向にあるとはいえ、やはり普段着というわけにはいきません。
かといってフォーマルドレスを買っても、他に着る機会がなければわざわざ一回の披露宴のためにもったいないと思う人もいるでしょう。

また披露宴でなくても、子供の入学式や卒業式に着るママのフォーマルスーツも普段着る機会がない洋服の代表でしょう。
仕事をしているキャリアウーマンなママならスーツの一着や二着はあるでしょうが、やはり入学式や卒業式のフォーマルなスーツとビジネススーツはデザインが違います。

普段着とフォーマルとは

また、仕事をしていても職種によってはスーツを着る機会がないママもいるでしょう。

子供が小さかったりすれば普段着でスカートをはくことも少なくなり、機能重視で動きやすいパンツ中心になるのは誰でも経験があることと思います。
普段着がパンツ中心であれば、尚更それに合わせて靴もスニーカーやヒールの低いものばかりになるのは想像できます。
最近は大手スーパーや通信販売などで1万円台からフォーマルスーツを買うことができます。昔のように「安かろう悪かろう」ということはなく、デザイン、品質とも金額以上の品物が並んでいます。
しかしせっかく良いスーツを見つけても、それに似合う靴がなければスーツの魅力も半減してしまうでしょう。


このTOPICSをシェアする