ファッションレンタルとしての靴とは

靴をファッションレンタルで借りるメリットとデメリット

レンタルを使用する機会とは

ファッションのレンタルと言うと真っ先に浮かぶのは成人式です。
一生に一度の晴れ姿だからと着物を購入する人が多いかと思われがちですが、実は半数以上の人がレンタルということです。

昔は友人の結婚式に着たりと着物を購入してもそれから着用する機会が何度がありました。
しかし、結婚式も昔に比べて簡素化されていることもあり振袖を着ている人を見かけることも少なくなりました。

また一枚の振袖を姉妹間や従姉妹間で着ることも多くありましたが、最近は姉妹でも趣味が違うからとその都度レンタルにしている家庭も少なくないでしょう。

このように好みが多種多様になった昨今では購入よりもレンタルの方が需要にあっていると言えるのではないでしょうか。

それにこと振袖に関しては、振袖そのものを購入すればいいというわけではなく、帯、草履などはもちろん半襟、長襦袢、帯揚げ、腰紐等々沢山の小物を揃えなければなりません。
しかしレンタルであればそれら小物も全て借りることが出来るうえ、着衣後のクリーニングなどの煩わしさもありません。

こうした手軽さもあり、ますますレンタルが主流となっていくのではないでしょうか。

このように、ファッションレンタルというと成人式の振袖や卒業式の袴など、「特別な日に着る特別な衣装を借りる」というイメージでしたが、最近では少し様子が違ってきたようです。
着物やドレスに限らず、普段着のレンタルをしている業者も増えてきたのです。